全身の入れ墨、これらの芸術作品の詳細

全身の入れ墨

私たちが話すとき 全身の入れ墨 アジアの入れ墨の発祥地に言及しないことは不可能です。 より具体的には日本で。 そしてそれは、タトゥーアートの歴史の一部は、昇る太陽の国とその「キャリア」の皮膚のほぼすべてを覆うその信じられないほど精巧な全身のタトゥーからリンクされているということです。

頭、手、足を除いて全身にタトゥーを入れるのにどれくらい時間がかかりますか? まあ、完全に数十年。 そして、日本の伝統的な方法で作られた入れ墨について話すと、もっと長くなります。 今日では、現代のタトゥーマシンとテクニックのおかげで、数年で全身にタトゥーを入れている人を見つけることができます。 そしてそれは、例えば、腕を完全に刺青するのに、ほんの数ヶ月かかるということです。

全身の入れ墨

私たちは、いくつかの入れ墨ではなく、単一の部分について話します

この機会にそして 全身のタトゥーになると私たちは、体の後ろまたは前の領域全体をカバーするワンピースのタトゥーを指します。 また、全身を完全に覆うものもあります。 明らかに、それらは一度に設計することはできず、アーティストが行うことは何年にもわたって設計を完了することです。 そして、前にも言ったように、このタイプのタトゥーは、「伝統的な」日本の方法を使用して実行された場合、代わりにタトゥーアーティストが「テボリ」技術を使用するため、現代のタトゥーマシンはほとんど使用されません。 手順は完全に手動で、針とインクのみを使用し、機械の介入はありません。

全身に小さな刺青が入っているのを見て、全身の刺青だと思ってしまう方もいらっしゃるので、感謝したいと思います。 明らかにそうではない何か。 あなたも、 全身のタトゥーについてどう思いますか? あなたはあなたの体をほぼ完全に入れ墨するという極端に進んで行きますか? 間違いなく、それらは本物の芸術作品です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

bool(true)