タトゥースタジオはどのような衛生衛生規則に従う必要がありますか?

 新しいタトゥー規制 

タトゥーやピアスのスタジオはありますか、それともマイクロピグメントに取り組んでいますか? 次に、作業が常に100%保証されるように、各センターで必要とされる衛生衛生規則を知る必要があります。 すべての手順を順守していることは間違いありませんが、それらを覚えていても問題はありません。

自分の人生や思い出を肌にとらえるために、タトゥーセンターやスタジオに行く人がますます増えています。 しかし、結果が最もお世辞との間になるために 最高の衛生対策、センターは、私たち全員が行われた作業と一般的な環境に満足できるように、いくつかの手順を実行する必要があります。 彼らが何であるか知りたいですか?

タトゥースタジオが従わなければならない規則と衛生対策

考慮すべき対策はたくさんありますが、間違いなく最も基本的なもの、つまり衛生から始めなければなりません。つまり、私たちのセンターが常に安全であるためには、スキップすることはできません。 健康衛生規制および法律 この方法でのみ、すべての要件を考慮に入れることで、すべてのクライアントだけでなく、私たち自身にも、より優れたセキュリティを提供します。 それらの基本的な要件は何ですか?

  • 私たちは人生の瞬間にいます 石鹸と水で手を洗うことは非常に重要です。 したがって、タトゥーセンターやスタジオでも、それは基本以上のものです。
  • 洗った後、完全にきれいな手で、手袋を着用します。 これらは常に使い捨てになります。
  • なんらかの傷があった場合はしっかりカバーしなければなりません、可能であれば防水性のある包帯を使用します。 ただし、これが不可能な場合は、セッションを延期することをお勧めします。
  • 使用するたびに、 材料は滅菌または消毒プロセスを経る必要があります.
  • スクリーン、ガウン、またはタトゥーアーティストだけでなくクライアント自身も保護するその他の要素などの保護素材を追加する必要があります。

タトゥーセンター

あなたが知っておくべきクリーニングテクニック

私たちの仕事をうまく活用するために私たちが取らなければならない最も一般的なステップは何であるかを見た後、私たちは強調し続ける必要があります 洗浄方法に。 そもそも、微生物が私たちの生活に到達するのを防ぐために、正しい衛生対策を適用する方法を扱う、いわゆる無菌に賭ける必要があります。 しかし、それらが存在するかどうかわからない場合は、すべての材料の中で最も正確な洗浄技術である防腐剤に頼ります。防腐剤はそこから来るので、物質として、侵入したい微生物に別れを告げます。作業ツール。

したがって、私たちが言うように、これらすべては、良好な衛生状態で、適切に管理することができます。 するのを忘れないで 消毒するだけでなく、それらのツールだけでなく、あなたが働く場所も (少なくともXNUMX日XNUMX回)およびストレッチャーや使用する家具などの他の手段。 滅菌を忘れずに、これは清潔さを保ち、あらゆる種類のバクテリア、特に粘膜に近い物質を追い払うもうXNUMXつの技術です。 注意深く実行しなければならないステップとプロセス!

タトゥーセンターの衛生対策

タトゥーアーティストが衛生基準に準拠しているかどうかを知る方法

今日、対策と衛生基準に厳密に準拠しているタトゥースタジオを見つけることは難しくありません。 これらが更新されていることは事実であり、したがって、すべての専門家はそれらを認識している必要があります。 しかし、あなたが顧客である場合、 常にセンターを訪れて確認するのが最善です.

確かにそこにあなたはそれのために本当に助けとなる環境を確実にするすべての可能な徴候とポスターを見つけるでしょう。 タトゥーアーティストと話すこともあなたに安全を与えるでしょう。 手をきれいにし、手と私たちのために適切な保護を使用することに加えて、すべての材料が滅菌されている必要があり、使い捨てであることを確認する必要があります。 常に良い手に身を置いてください!


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。